FC2ブログ
タイトル2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国には2種類の人民元が存在する

中国人民元にはCNYとCNHの2種類があります。

CNYは中国人民銀行によって管理されていて、原則として売買以外での取り扱いはできません。つまり、一般的に紙幣で使われている通貨です。

中国には2種類の人民元が存在するそれでも日本のFX取引所「くりっく365」では、2011年8月より人民元/円(CNY/JPN)のFX取引を開始しました。

しかし、このCNYでFXを始めるとデメリットが多いです。

人民元は金利が高いため、日本円を売って人民元を買えば、二国間の金利差を表すスワップポイントが付きそうですが、CNYではスワップポイントがマイナスになります。これは市場原理に関係ない強制的な仕組みです。

そこで「マイナスになるなら、日本円を買って人民元を売ればいい」と思えますが、その場合もマイナスのスワップポイントが発生し、2013年3月時点では1万通貨あたり-36円が付きます。

自由に人民元を交換されると、暴騰してしまう可能性があるので、中国政府がこのような仕組みを取っていることが原因です。

それゆえに中国の人民元に投資したい人たちは、中国経済に連動しやすい香港ドルを買っていました。香港ドルを買った場合は1日ごとにきちんとスワップポイントが付きます。

ただ、2012年7月からCNYではなく、きちんとスワップポイントが付く人民元「CNH」を取り扱うFX会社が出てきました。



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://toushijyoho.blog.fc2.com/tb.php/74-9e0addd5
プロフィール

よっしーだ!

Author:よっしーだ!
初めまして、

投資全般に関する情報を発信しています。

お役に立てれば幸いです。

感謝

訪問いただきありがとうございます!!          投資の一般的な説明とメリット、デメリットなどを紹介!!
フリーエリア
ブログランキング
フリーエリア
カテゴリ
最新記事

Appendix


F X

FX

投資信託

投資信託

CFD

CFD

NISA

NISA

日経225

日経225
  ◆今月だけの無料提供◆
訪問いただいた方に感謝をこめて”日経225先物を9割で勝つための秘密の10ステップ”を特別に無料にてご提供いたします!
無料レポート


無料レポートはこちら
オススメ!
tss
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事(数)表示
全タイトルを表示
各種オススメ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。