FC2ブログ
タイトル2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売買が盛んでスキャルピング向き

イギリスのロンドン金融市場は、ニューヨーク、東京もしくは香港と並んで「世界三大金融市場」と呼ばれていますが、元はロンドンの金融市場がモデルになっています。

このロンドンを中心にイギリスで使われている通貨が英ポンドです。記号は「£」や「L」で表記されています。ヨーロッパでは多くの国々でユーロが導入されましたが、イギリスではユーロを採用せずに、今でも英ポンドを使っています。

英ポンドは変動幅が大きいことが特徴です。その動きから「米ドル/円が1円動くと英ポンド/円は2円動く」とも言われています。

そのため、短期投資のデイトレーダーからの人気も高く、投資家の参入が比較的に頻繁です。日本時間の15時頃から取引が活発となり、少し間を空けて22時頃も盛んに売買されています。

反対に価格が一気に下がることもあるため、リスク管理の能力が問われます。チャートの分析力からロスカットの判断力、さらに証拠金維持率なども上手にコントロールしたいです。

例えば、レバレッジに頼りすぎて、証拠金維持率をあまり低くしてしまうと、予想外の展開で取引がすぐに中止になります。その後、すぐに英ポンドの価値が上昇した場合に、ポジションがないために損を被ります。

逆に証拠金維持率を高くしすぎると、大損をするまで取引が続いてしまいます。そのため、必ずロスカットを設定して、証拠金維持率を保ったまま、次の取引に移る体制を整えておきたいです。

英ポンド/円や英ポンド/米ドルで短期トレードをするFXとは、コンスタントに利益を得られる「中級以上向けの金融商品」と言えるでしょう。



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://toushijyoho.blog.fc2.com/tb.php/71-326bc9e5
プロフィール

よっしーだ!

Author:よっしーだ!
初めまして、

投資全般に関する情報を発信しています。

お役に立てれば幸いです。

感謝

訪問いただきありがとうございます!!          投資の一般的な説明とメリット、デメリットなどを紹介!!
フリーエリア
ブログランキング
フリーエリア
カテゴリ
最新記事

Appendix


F X

FX

投資信託

投資信託

CFD

CFD

NISA

NISA

日経225

日経225
  ◆今月だけの無料提供◆
訪問いただいた方に感謝をこめて”日経225先物を9割で勝つための秘密の10ステップ”を特別に無料にてご提供いたします!
無料レポート


無料レポートはこちら
オススメ!
tss
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事(数)表示
全タイトルを表示
各種オススメ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。