FC2ブログ
タイトル2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済と歴史が強くても値動きは荒い

英ポンド

石油などのエネルギー産業が経済を下支えする一方、規制緩和が進んで、銀行や保険といった金融サービス業が強いです。


イギリスがここまで経済成長できた理由は、世界各地で獲得した植民地から「大英帝国」を成し、産業革命の発祥地として工業が発達したのち、世界中にある巨大な貿易圏に売りさばくといった歴史が関係しています。


ただ、2007年にはサブプライムローンの影響をいち早く受け、2008年のリーマンショックでは住宅と金融部門の減速は目に余るものでした。高水準のインフレも維持していましたが、今後はあまり成長が見込めない先進国でもあります。


英ポンドに関しては値動きが激しいため、スキャルピングなどの超短期取引で為替差益を得る人が多い通貨です。FXの専門書などに掲載されているプロトレーダーは、英ポンドを軸にしている人が目立ちます。


また、カナダドルや豪ドルほどではないですが、北海油田を持っているために、オイルマネーの流入も顕著で、原油価格に影響される一面もあります。



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://toushijyoho.blog.fc2.com/tb.php/70-770d06eb
プロフィール

よっしーだ!

Author:よっしーだ!
初めまして、

投資全般に関する情報を発信しています。

お役に立てれば幸いです。

感謝

訪問いただきありがとうございます!!          投資の一般的な説明とメリット、デメリットなどを紹介!!
フリーエリア
ブログランキング
フリーエリア
カテゴリ
最新記事

Appendix


F X

FX

投資信託

投資信託

CFD

CFD

NISA

NISA

日経225

日経225
  ◆今月だけの無料提供◆
訪問いただいた方に感謝をこめて”日経225先物を9割で勝つための秘密の10ステップ”を特別に無料にてご提供いたします!
無料レポート


無料レポートはこちら
オススメ!
tss
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事(数)表示
全タイトルを表示
各種オススメ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。