FC2ブログ
タイトル2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債券先物取引

債券先物取引とは

債権先物取引とは、将来の特定の日にあらかじめ取り決めた価格で特定の債権を売買することを約束した取引のことです。

 
わが国の債権先物取引は、昭和60年10月に東京証券取引所で開始され、銀行も特別参加者として自己売買に限って参加が認められていましたが、平成元年6月には債券先物の取次業務(ブローキング)が認められました。


対象債券
 
取引の対象となっている債券は、長期国債と超長期国債の標準物(クーポン6%、額面100円、償還期限10年と20年)と呼ばれる架空の債券です(この他にT-Bondも上場されています)。


売買単位と決済期日
 
売買単位は額面金額1億円の整数倍で、決済期日(限月)は、3、6、9、12月の各20日で、最長1年3ヶ月までの取引が可能です。


証拠金
 
証拠金は、顧客が銀行または証券会社に差し入れる委託証拠金と会員が取引所に差し入れる取引証拠金があります。


決済方法
 
債券先物の決済方法には、差金決済と現物の受け渡しによる方法の2種類があります。差金決済とは、ある時点で買建て(売建)した建玉を決済期日までに反対売買を行い、差金の授受を行うことによって決済する方法です。現物の受渡しについては、標準物は架空の債券であるため、実在する一定範囲の国債について、取引所が定めた交換比率によって標準物との価値の調整を行ったうえで、現物の受渡しが行われます。


債券先物の利用目的

 ①ヘッジ取引…将来の金利上昇に伴う保有債券の下落リスクをカバーするために現時点で先物を売り建てるなど、現物の債券の金利変動リスクを回避するために利用される取引です。

 ②裁定取引…現物と先物の価格差に注目した取り引きで割安な市場で買い、割高な市場で売るというパターンになります。

 ③スペキュレーション取引…将来の金利予測にもとづいてキャピタル・ゲインの確保を目的とした取引で、金利上昇を予想すれば先物を売り建て、低下を予想すれば買い建てるというパターンになります。



カテゴリ : 証券記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://toushijyoho.blog.fc2.com/tb.php/134-b4ad7eaf
プロフィール

よっしーだ!

Author:よっしーだ!
初めまして、

投資全般に関する情報を発信しています。

お役に立てれば幸いです。

感謝

訪問いただきありがとうございます!!          投資の一般的な説明とメリット、デメリットなどを紹介!!
フリーエリア
ブログランキング
フリーエリア
カテゴリ
最新記事

Appendix


F X

FX

投資信託

投資信託

CFD

CFD

NISA

NISA

日経225

日経225
  ◆今月だけの無料提供◆
訪問いただいた方に感謝をこめて”日経225先物を9割で勝つための秘密の10ステップ”を特別に無料にてご提供いたします!
無料レポート


無料レポートはこちら
オススメ!
tss
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事(数)表示
全タイトルを表示
各種オススメ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。