FC2ブログ
タイトル2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式相場の変動要因

景気動向

株価は、個別企業の収益力や成長性と密接に関係していますが、その国の景気や金利動向、為替相場、物価動向などにも影響を受けます。

株価は、ミクロ的には企業収益を反映するものですが、マクロ的には景気のバロメータといわれるように、GNPや鉱工業生産など景気動向に影響を受けます。また、株価は景気の先行指標ともいわれており、好況の株安、不況の株高といった景気を先取りした動き方とすることがあります。


金利動向

債券ほど直接的ではありませんが、株価も金利動向の影響を受けています。一般的に、金利上昇局面では、株式市場からの資金シフトが起きるため株価も下落します。


為替相場

為替相場は、金利や物価に影響を与えるため、株式相場も為替相場の影響を受けています。ただ、債券の場合には、基本的に円高は債券相場の上昇、円安は債券相場の下落ということがいえますが、株価のメカニズムは債券よりも複雑で、個別業種による影響も異なることから、必ずしも円高・円安が株式相場の上昇・下落につながるとは限りません。


物価動向

物価が上昇すると金融引締めを引き起こし、金利が上昇するkとから株式相場に悪影響を与えます。ただ、物価下落がデフレ要因となることもあり、為替相場と同様に極端な変動は株式相場によって好ましくありません。

株式相場の変動要因は、国民経済や企業のファンダメンタル(基本)な要因にもとづくものですが、株価は、こうした要因以外にも株式市場内部の需給関係や人気といった要因にも影響を受けます。



カテゴリ : 証券記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://toushijyoho.blog.fc2.com/tb.php/122-7a32b854
プロフィール

よっしーだ!

Author:よっしーだ!
初めまして、

投資全般に関する情報を発信しています。

お役に立てれば幸いです。

感謝

訪問いただきありがとうございます!!          投資の一般的な説明とメリット、デメリットなどを紹介!!
フリーエリア
ブログランキング
フリーエリア
カテゴリ
最新記事

Appendix


F X

FX

投資信託

投資信託

CFD

CFD

NISA

NISA

日経225

日経225
  ◆今月だけの無料提供◆
訪問いただいた方に感謝をこめて”日経225先物を9割で勝つための秘密の10ステップ”を特別に無料にてご提供いたします!
無料レポート


無料レポートはこちら
オススメ!
tss
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事(数)表示
全タイトルを表示
各種オススメ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。