FC2ブログ
タイトル2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増資の形態

株式の発行①株主割当

株式の発行は、募集の方法によって、株主割当、公募、第三者割当の3つに分類されます。

株主割当は、新株引受権を優先的に既存の株主に与える方法で、株主は所有株数に応じて新株の割当を受ける権利を有します。ただし、1株の100分の1に満たない端数については与えられません。


株式の発行②公募

公募は、広く不特定多数の投資家から新株の取得申し込みを募る方法で、現在では、公募時価発行増資が主流となっています(一般に募集という場合には、この公募だけでなく、縁故募集もあります)。


株式の発行③第三者割当

第三者割当とは、株主以外の第三者に新株引受権を与えて発行する方法です。(ただし、既存の株主が株主の立場を離れて割当を受ける場合もあります)。商法では、株主以外のものに対し、特に有利な発行価格で新株を発行する場合には、定款に規定がある場合でも、株主総会の特別決議を必要とする、とされています。


価格算出方法①額面発行

新株発行の基準となる価格の算出方法からみた増資の形態には、額面発行、中間発行、時価発行の3つがあります。

額面発行とは、発行価格を額面金額と一致させる方法で、時価発行増資で行われるまで、わが国の増資の主流でした。この方法は、一般的に株主割当当増資の場合にとられています。


価格算出方法②中間発行

中間発行とは、発行価格について、時価と額面の間の適当な価格を基準として行う方法です。


価格算出方法③時価発行

時価発行とは、発行時の株式の市場価格を基準として発行価格を決定する方法で、現在の新株発行はほとんどがこの方法をとっています。

この方法では、発行会社は少ない発行株数で多額の資金調達がで、配当負担も軽減されます。一方、投資家は投資資金に比例した配当が期待できないため、発行会社の株主への利益還元が重視されます。



カテゴリ : 証券記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://toushijyoho.blog.fc2.com/tb.php/117-9176b282
プロフィール

よっしーだ!

Author:よっしーだ!
初めまして、

投資全般に関する情報を発信しています。

お役に立てれば幸いです。

感謝

訪問いただきありがとうございます!!          投資の一般的な説明とメリット、デメリットなどを紹介!!
フリーエリア
ブログランキング
フリーエリア
カテゴリ
最新記事

Appendix


F X

FX

投資信託

投資信託

CFD

CFD

NISA

NISA

日経225

日経225
  ◆今月だけの無料提供◆
訪問いただいた方に感謝をこめて”日経225先物を9割で勝つための秘密の10ステップ”を特別に無料にてご提供いたします!
無料レポート


無料レポートはこちら
オススメ!
tss
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
全記事(数)表示
全タイトルを表示
各種オススメ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。